Posts in Category: 全般

夏の化粧崩れの対策方法とは

海やキャンプなど、楽しみが増える季節の夏ですが、
朝、どんなに綺麗にメイクをしていても
汗やクーラーによる乾燥等で
化粧崩れをしやすい季節でもあります・・・。

夏は普段以上に化粧崩れに気をつけなくてはならないですよね。

日本のこの時期は、温度も湿度も高くなり、
お肌の表面の温度が上昇しやすい傾向にあります。
体温があがると、汗も出やすくなり、化粧崩れが起きやすい環境なのです。

暑い季節は、汗やクーラーの効きすぎた部屋にいることで乾燥してしまったりして
朝ばっちり決めたメイクが午後にはシワがよったり、
崩れてきちゃいますよね。

きっと、メイクを始めてから女性だったら誰しも経験するお悩みです。

メイクは、重ねれば重ねるほど崩れやすいと言われますが
こちらは嘘ではなく本当のお話なのです。

なぜ、夏は化粧崩れを起こしやすいかご存知でいらっしゃいますか?
化粧崩れの原因は、皮脂と乾燥にあります。

メイクを重ねると、お粉に水分や皮脂が吸収されてお肌がどんどん乾いてしまいます。
そして、乾燥したお肌を守ろうとして普段よりも余分な皮脂が出やすくなります。
余分な皮脂は、メイクを溶かしてしまいます。
この悪循環によって、化粧崩れを起こしてしますのです。

つまり、皮脂を余分に出さないことが
夏の化粧崩れを防ぐコツということになります。

そこで化粧崩れがなくなり、できるだけ朝のメイクを持続する
朝に行うの簡単なケアを紹介致します。

化粧崩れ対策は、朝の洗顔から始まります!

朝の洗顔は必ず皆さん行っていると思いますが、
夏は特に、寝ている間に大量に汗をかいていますし、
余分な皮脂も出てしまっています。

朝の洗顔は、なるべく洗顔フォームや石鹸等を使って
余分な皮脂をすっきりと洗い流しましょう。

洗いすぎは厳禁ですが、
かといって、ただ水洗いだけだと皮脂が落としきれず
残ってしまう可能性もあるので
化粧崩れをしない為にも、朝は洗顔フォーム等でしっかりとした泡を作っての
洗顔を私はオススメします。

肌のテカリは食生活から改善は可能?

顔のテカリは、女性にとって大きな悩みになることだと思います。

避けたいですよね、せっかくのお化粧が台無しになる顔のテカリって。

夏場はとくに汗をかいて顔がべたつくのが気になるので、

なおさら改善できればいいなと思っている毎日です。

洗顔、化粧水、下地などにも気を配ることは悩み改善に近づくと思いますが、

それ以外に、食事で、肌のテカリを抑えられるといいなと思いました。

まず、血液検査でコレステロール値などと共に気になる中性脂肪。

こちらはなるべく低めに抑えないといけません。

そして、毎日食べる白米などに含まれる炭水化物。

こちらを体内でしっかりと分解することができなければ、

皮脂が過剰に分泌されてテカリの原因になるそうです。

そのためには、美容ビタミンと呼ばれるビタミンB群の豚肉、ウナギ、納豆なども

しっかり取るようにすることが大切です。

中でもビタミンB2とB6が体内に不足すると、

皮脂が過剰に分泌されることになりやすいとのこと。

そして、二つのビタミンを消費してしまうのが、過剰なアルコール摂取。

そのうえ、女性の好きな甘い食べ物はより、ビタミンB類を不足させてしまいがちなようです。

想像しやすい、油分の摂りすぎも良くないみたいですよ。

夏場は、動物食品をしっかり食べるようにして、あまいものもできるだけ我慢。

でも、スタミナをつけないといけない夏場、お肉などの食材は摂取しやすいかもしれませんね。

食べるものでもテカリ防止を心掛けたら、さらに悩みは解決するような気がしてきました。

毛穴のケアも洗顔から

女性というもの、きめ細かい陶器のような白い肌になりたいものです。

そのためには、毛穴の黒ずみ、角栓は絶対にあってはならないものですよね。

でも、そうはいかない現実が鏡を見ると待っている方もいらっしゃるかもしれません。

私の場合はそうであり、何となく理想と現実に、ため息をついてしまう自分がいます。

私の現在のお手入れは、角質を取るジェルを週に2度ほど使うことと、
塗ると温かくなる毛穴パックを使う方法を続けています。

近頃、市販されている商品というのは、品質もとても良いものになっていて、
比較的効果を実感しやすいです。

ですが私の知人では、そんなことをせずとも陶器のようなとってもきれいなお肌の女性がいます。

10代のころからよく知っているのですが、彼女はとにかく洗顔を大切にします。

そして、洗顔後には化粧水、乳液を使って保湿もしっかりと考えています。

彼女を見ていると、やはりきれいなお肌の為には、日ごろからのお手入れが大切なんだと感じます。

毛穴や、黒ずみなんて、見えないですから本当にうらやましいです。

そうとは思いながらも徹底してお肌の手入れを、できていない自分がいるので反省です。

毛穴をきれいに保つようにするには、やはり洗顔が大切のようです。

石鹸をフワフワにした泡状態にして、優しくマッサージするように洗う。

このフワフワ泡洗顔についての良さは、テレビでも多く聞くことがある話です。

そうすることで、お肌がトラブルを起こさないように心がけることが毛穴ケアにもなるというので期待したいです。。

腸の健康には野菜を食べることが大切! あとビオチンについても知っておこう

腸は、人間にとって第二の脳と言われることがあるほど大事な器官らしいです。腸が不健康になると、肌が荒れたり髪が抜けやすくなったりするとのこと。おなかと肌に関係があるとは、なかなかイメージがつかめないのですが、とにかく大事なんだそうです。

で、そんな大切な腸をどうやって健康に保つか。いろいろ方法はありますが、重要なのはやっぱり食生活。とくに野菜をしっかり食べることが大切!!なぜなら、食物繊維がたくさん含まれているからです。

食物繊維には水溶性と不溶性があってどちらも大切なのですが、しいていえば水溶性のものをしっかりとりたいところ。水溶性の食物繊維は、おなかの善玉菌の数を増やすことにつながるので、腸内環境をよくする効果がバツグンなんです。

腸内フローラを整えようによれば、大麦やオートミールといったものに、水溶性の食物繊維が多く含まれているらしいです。
(でも大麦とか言われても、そんなの食べる機会がない気がする……)

やっぱり食物繊維は野菜からとる方がいいのかなと思います。たとえば、ごぼうやにんじんなど。こういった野菜なら、ちょっと食事に気を付ければとることができるはずですし。

腸と深くかかわるビオチンについて

聞いたことのない方も多いと思いますが、ビオチンという物質が非常に大切みたいです。
(私も最近知りました)

ビオチンというのはビタミンBの仲間で、肌や髪の健康に関わっている物質です。これが少なくなるとどうなるか。

一言でいえば、老けます……。
特に女性にとっては、肌と髪は一番老けが現れやすい部分なので、死活問題になります。

で、このビオチンは人間の身体の中で作られるそうです。そして体のどこで作るのかというと、それは腸なんです。なので、腸が不健康だとビオチンが作られなくなって、肌や髪が不健康になる、そして老ける!!そういう流れがあるんです。

このビオチンは食べ物にはあまり含まれてないようですが、サプリメントの形で飲むことができます。1000円くらいなので、ちょっと試してみるのもありかもしれません。

ただ、気を付けたいのは、外部からビオチンを摂っても、それをうまく活用できないケースもあるということです。具体的には、

「アルコール」
「タバコ」
「砂糖の摂りすぎ」

の3つが、ビオチンを破壊してしまう要因とのこと。

なんで砂糖が? とちょっと疑問に思ったのですが、次のような理由があるみたいです。

意外かもしれませんが砂糖の摂りすぎも良くありません。なぜかというと、砂糖は悪玉菌のエサになることが多いからです。エサを充分にもらえば当然ですが悪玉菌は増えていきます。そして、悪玉菌はビオチンも食べるという特性があるので、悪玉菌が増えれば増えるほど、ビオチンは減っていってしまうのです。

ビオチンには効果がない……?その理由はコレかもしれない

私はコーヒーと紅茶が大好きで、しかもかなり砂糖をいれて飲んでます。これはまずいみたいですね……。砂糖じゃなくオリゴ糖に切りかえることに決めました。
(オリゴ糖は腸にいいらしいし、砂糖も減らせるので一石二鳥!)

今のところビオチンのサプリメントは使わずに、自力でビオチンを生み出せるように腸内環境を改善していこうと考えています。外部からビオチンを取り入れるのも手軽でよさそうですが、やっぱり身体の内部を整えるほうが大事かなと。

ニキビの出来にくい肌を作るには

ニキビが出来てしまって、色々試してみたものの
やっぱり治らない。
治らないからこそ余計に気になって触ってしまって
ひどくなる。
という悪循環はきっと経験ありますよね。

そもそもニキビを出来にくくすることって出来るのでしょうか?

結論からいえば出来ます。
ポイントは3つあります。

①界面活性剤が入っている洗顔をやめよう

どんなに洗顔に気をつけて清潔にしてもニキビが改善されない方。
お使いのクレンジングや洗顔料を見直してみませんか?

通常のクレンジングや洗顔料には洗浄力が強い『界面活性剤』というものが
配合されている製品があります。
この成分が入っていると、洗浄力が強い為
気がつかないうちにお肌を守る大切な防御機能まで取り去ってしまいます。

皮脂やメイクの油分をしっかり落とすのは大事ですが、
お肌が本来持っている防御機能すら落としてしまっては、
お肌を守るものが何もないとても弱い状態にしてしまいます。

②天然ハーブの力を使ってみよう

ニキビ改善には、自然に中身(膿など)が出るまでいじったりつぶすのは厳禁です。
潰してしまうと、お肌が炎症を起こしてしまいます。
そして、無理矢理手でつぶしたりするとそこから雑菌が入ってしまう可能性もあります。

ニキビを悪化させない為に、炎症の原因となる
油分の多いファンデーションやクリームの使用を控え、刺激の少ないスキンケアを選んでみましょう。

たとえば、カミツレエキスは炎症を抑える効果があります。
こういった成分が配合されている天然ハーブの化粧水を使ってお手入れしてみるのも良いでしょう。

③ビタミンCをしっかり摂ろう

ニキビが少なくなってきても、お肌にニキビ痕や色素沈着が残ってしまっては
がっかりしますよね。
美白効果のある代表的な成分としてはビタミンCが有名です。

ビタミンCはニキビの予防効果もありますし、
ニキビ痕の黒ずみを改善し、コラーゲン生成を促進させる効果があります。
痛んだ肌を内側から修復する為には
ビタミンCをしっかりと摂りましょう。

高濃度のビタミンCが配合されている化粧水や美容液を使うのも良いですし
もちろん、トマト等を食べて内側からの吸収もした方が良いです。

ビタミンCは日光に弱いので、
いくら摂っても足りないくらいですので、
マルチビタミンなどのサプリを一緒に飲むのも良いでしょう。

この3つのポイントを気を付けていると
ニキビの出来にくいお肌を作ることが出来るといえるでしょう。

「虫さされ」意外と知らない刺す虫とその対処法

夏になると、蚊やアブなどに刺される機会が多くなります。
私は特に、虫がよってきやすい体質で、ハイキングの時などは、なぜか一人だけ蜂の標的になってしまったり、1日で30数箇所、蚊に刺されたこともあります。

たかが虫さされですが、処置を間違えると跡になって残ってしまったり、症状がひどくなってしまうこともあります。

そこで、刺す虫にはどんなものがいるのか、刺されたらどのように対処すればいいのかをご紹介します。

◆ブヨ
ブユともいいます。体長5ミリ程の黒い虫で、川や渓流などに生息していることが多いです。
刺されると2~3日は腫れあがり、刺されたところが熱を持つほどになります。
人によって、症状がひどくなると、発熱や頭痛を引き起こすこともあります。
対処法としてはかゆみ止めを塗ることが効果的です。
熱を持っているときは患部を冷やすことも対処法のひとつです。

◆ダニ
ダニは家の中にいることが多いと思われがちですが、実は藪の中などにもいます。
ダニの口は鋭くとがっているため、無理やり取ろうとすると一部が残ってしまうことがあります。
食いついているのを発見したら、ピンセットなどで丁寧に、残らないように取り除きましょう。
症状としては数時間から数日後に赤く腫れ、かゆみが起こることが多いです。
咬まれた後、数日後に発熱・下痢など強い症状がおこった場合は、重症熱性血小板減少症候群などの感染症の恐れがありますので、病院にかかりましょう。

◆蚊
雑木林や竹ヤブ、街中や人家など様々なところに生息しています。
一般的に刺されるとかゆみを発症します。
あまり掻きすぎると炎症をおこしたり、傷口から菌が感染してしまったり、とびひすることもあるので注意しましょう。
腫れがひどい場合は、絞ったタオルや氷で患部を冷やしておくと効果的です。

◆毛虫
毛虫はどこにでも生息しています。
身近な場所でいうと、サザンカなどにつくチャドクガの幼虫に刺されることが多いので注意しましょう。
触った所がぷくっと赤く腫れるのが特徴です。
発疹が出たら、水でていねいに流しましょう。こすると毒毛が皮膚にひろがり、悪化してしまいます。
テープで皮膚に残った毛を取り除くことも有効です。
また、早めにかゆみ止めなどを塗りましょう。

以上、刺す虫の種類とその対処法をご紹介しました。
虫さされは普段それほど注意していないものですが、中には強い毒を持っていたり、感染症が起こる恐れのあるものもあります。
基本的な知識は身につけ、なるべく長袖や虫よけスプレーで「虫さされ」予防をしておきましょう。