肌トラブルの大きな敵、紫外線の性質とは

紫外線がシミやシワのもとになることは周知の事実ですよね。
そのため夏に日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、私の知り合いには、夏は日陰だけを選んで歩く(!)なんて人もいます。
肌トラブルを起こさないためにも、なんとか紫外線をシャットアウトしたい、と多くの女性は思うでしょう。
そのための第一歩として、紫外線の性質を知りましょう。

紫外線は、ビタミンDの生成を助けてくれる働きもありますが、長く浴びすぎると様々な皮膚トラブルの原因となります。
紫外線はどんな性質を持つのか、しっかりと把握して対策することが必要です。

環境省の調べによると、日本では紫外線は6月~8月に最も強くなるといわれています。
また、1日の中では正午付近が一番強いようです。

そのほかにも、曇りの日でも紫外線を浴びることはある、という話を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。
その通り、薄い雲くらいでは紫外線の80%を通してしまうそうです。

また、紫外線は直接太陽から届く直射光だけではありません。
空気中で散乱して届く散乱光や、地面から反射して届く反射光というものまであります。

紫外線の中のUV-Bという紫外線(しみやそばかすの原因になるといわれている紫外線です。)は、散乱光の占める割り合いが高いそうです。

また、新雪の紫外線反射率は80%ほどあります。(コンクリート・アスファルトで10%ほど)
また、標高が1000メートル上昇するごとにUV-Bは10~12%増加することが分かっています。
そのため、冬であっても、例えば山のスキー場に長時間いると、紫外線を多く浴びていることになります。(スキー焼けなんて言葉もありますよね。)

以上、一部ではありますが、紫外線の性質をご紹介しました。
こういった性質を知ることによって、日焼け止め対策の効果をより高めることができます。
しっかりと対策をして、皮膚トラブルを軽減させましょう。

Comments are Disabled