肌トラブルは睡眠に関係していた

肌トラブルの原因はたくさんありますが、
誰でも経験したことがあるであろう
睡眠不足が及ぼす影響はかなりあります。

睡眠不足だと次の日の朝に
なんか肌の調子が悪いなぁとか
化粧ノリが悪いなぁと感じたことありますよね。

しかし、お肌の為に睡眠を見直してみようと
思われた方は少ないのではないでしょうか??

美肌を手に入れる為には
どのような睡眠を心がければよいか説明致します。

なんとなく眠れていないような気がする
という状態の方と
毎日しっかり寝ています
という方に肌トラブルの経験を比較すると
肌のハリが気になるようになった
肌が乾燥するようになった
と答えた方は圧倒的になんとなく眠れていないと答えた方が
多いことがわかりました。

年齢層で言いますと、
20代のころからこの差は現れてくるようです。

肌のハリや乾燥は
10代の頃はあまり気にならず、夜更かしをしても平気だった
という方も
20代になると、夜更かしをすると、
次の日に気になると答える方が多くなります。

そして、40代の方は
肌のハリ・乾燥・くすみ・しわ・シミなどあらゆる肌トラブルが
出てくる年齢です。
毎日よく眠れている方はこのようなトラブルも
無縁とはいきませんが
あまり寝られていない気がするというかたに比べると
大きな差が出るようです。

実際の数値にもこの結果は出てきますが、
ご自身でもなんとなく肌の調子が悪いな~と思われる方は
ご自身の睡眠状況を見直してみましょう。

例えば、時間で言えば
夜の22:00~2:00の間に寝るのが一番です。
もちろん、遅くなればなるほど肌には悪い影響を与えますので
少なくても日付が変わる前にはお布団に入れると良いでしょう。

寝る際には、ふとんをきちんとかけましょう。
暑すぎても不快ですが、
扇風機にあたりっぱなし、冷暖房にあたりっぱなしでは
体が乾燥してしまい、睡眠にも影響がでます。

こういった少しの改善でお肌は見違えるように変わります。

今どのくらい寝られているか、起きた時に疲れは残っていないか?
少しお考えになってみてはいかがでしょうか。

Comments are Disabled