たるみの原因と予防法

いきなり出てくるものではありませんが
ふと鏡を見た時に
『あれ?なんかたるんでる?』と思った時ありませんか?

たるみというのは、自分ではなかなか気づきにくいものです。
特に女性は毎日メイクをする時、
洗顔をする時など鏡を見る機会は多いと思いますが
それでもなかなか気付くことが出来ません。

たるみの一番の原因は老化ですが、
実はたるみが出てくるのは25歳くらいからです。
案外若いうちから出てきます。

そして、気づかないうちにたるみが大きくなり
元に戻らなくなってしまうことが多くあります。

顔の筋肉が衰えたり、水分不足になると
更にたるみがひどくなります。

また、過度なダイエットを繰り返すと
栄養バランスが悪くなり、こちらもたるみの原因となります。

老化が原因なので、まったくたるみを無くすとなると
美容手術でしかたるみを無くす方法はありませんが、
しかし予防を行うと行わないでは
たるみの進行の速さに違いがあります。

では、たるみの進行を遅らせる予防法というのはどういったものがあるかと申しますと

1 姿勢を正しく保つようにしましょう。
2 表情を明るく、活動的に過ごしましょう。
3 立っている際も姿勢を正しくしましょう。
4 太りすぎに気を付けましょう。
5 お肌の水分量を上げるスキンケアを心がけましょう。

以上の5つに気を付けてみてください。

姿勢を正しく保つには、少し筋肉を使います。
楽な姿勢というのは猫背になってしまっていたり
体が丸まっていて
筋肉を一切使わないような姿勢になってしまいます。

また、表情がいつも暗い方って
それだけで老けて見えますよね?
いつでも明るくしていた方が表情筋も鍛えられます。
ただ、笑いすぎるとほうれい線が目立つとも言われていますが・・・。

お肌の水分量を上げるスキンケアにおすすめの成分は
よく聞くものとしては
セラミドやヒアルロン酸が入っているものが良いでしょう。

水分量を上げることでもちもちしたお肌を作ることが出来、
お肌にハリを与えることが出来ます。

何もしないでどんどんたるんでいくよりも、
少し早めに抵抗してたるみの進行を遅らせましょう。

Comments are Disabled