肌トラブルを避けるには、正しい知識を知りましょう

「学生時代にもっとネットを有効に利用できていたらよかったのに」、と思うことがよくあります。

そのうちの一つが、お肌のトラブルを防ぐ情報がたくさん得られることを知ったとき。

思春期の、ニキビに悩んでいる頃はその原因について、ほとんど知らなかった私です。

まさか、洗顔に大きな力があるなんて、思いもしませんでした。

ニキビができるのも「きっと体質よね」と思って、これはどうしようもないものなんだと決めつけていたんです。

今考えれば、なんと大きな過ちなんでしょう。

お肌の皮脂、てかてかや、毛穴の黒ずみ、角栓、乾燥、などさまざまなところに洗顔が関係しています。

肌トラブルの原因は主に洗顔にあるといっても、言い過ぎではないかもしれません。

近頃は、洗顔をする時にはふわふわの泡の作れるネットを使いながら優しく洗っています。

両手の指のはらを使って、ソフトタッチで顔を洗うと、なんとなく余分な汚れだけが取れているような気がしてきます。

ひとつひとつのお手入れを丁寧にすると、不思議と肌を大切に扱いたくなります。

今までは、どちらかというと汚れを落とすためにごしごし洗っていたもので、
なんという間違いを起こしていたのかと、反省です。

また、最近まで洗顔の知識で間違えた覚え方をしていたことは、洗顔は顔を水で洗うことが良いということです。

冷たい水で洗ってしまうと、毛穴が閉じて汚れを封じてしまうんです。

お肌に優しいからと、寒い冬もなるべく水を使おうと冷たさを辛抱しながら洗っていたのに・・。

汚れを取るためには、まず毛穴を開けておくことが大切、ということを知りました。

まずは「ぬるめのお湯で毛穴を開き汚れを落とす」
「そして水できゅっと毛穴を引き締める!」という手順を忘れないようにしたいと思います。

Comments are Disabled