ニキビの出来にくい肌を作るには

ニキビが出来てしまって、色々試してみたものの
やっぱり治らない。
治らないからこそ余計に気になって触ってしまって
ひどくなる。
という悪循環はきっと経験ありますよね。

そもそもニキビを出来にくくすることって出来るのでしょうか?

結論からいえば出来ます。
ポイントは3つあります。

①界面活性剤が入っている洗顔をやめよう

どんなに洗顔に気をつけて清潔にしてもニキビが改善されない方。
お使いのクレンジングや洗顔料を見直してみませんか?

通常のクレンジングや洗顔料には洗浄力が強い『界面活性剤』というものが
配合されている製品があります。
この成分が入っていると、洗浄力が強い為
気がつかないうちにお肌を守る大切な防御機能まで取り去ってしまいます。

皮脂やメイクの油分をしっかり落とすのは大事ですが、
お肌が本来持っている防御機能すら落としてしまっては、
お肌を守るものが何もないとても弱い状態にしてしまいます。

②天然ハーブの力を使ってみよう

ニキビ改善には、自然に中身(膿など)が出るまでいじったりつぶすのは厳禁です。
潰してしまうと、お肌が炎症を起こしてしまいます。
そして、無理矢理手でつぶしたりするとそこから雑菌が入ってしまう可能性もあります。

ニキビを悪化させない為に、炎症の原因となる
油分の多いファンデーションやクリームの使用を控え、刺激の少ないスキンケアを選んでみましょう。

たとえば、カミツレエキスは炎症を抑える効果があります。
こういった成分が配合されている天然ハーブの化粧水を使ってお手入れしてみるのも良いでしょう。

③ビタミンCをしっかり摂ろう

ニキビが少なくなってきても、お肌にニキビ痕や色素沈着が残ってしまっては
がっかりしますよね。
美白効果のある代表的な成分としてはビタミンCが有名です。

ビタミンCはニキビの予防効果もありますし、
ニキビ痕の黒ずみを改善し、コラーゲン生成を促進させる効果があります。
痛んだ肌を内側から修復する為には
ビタミンCをしっかりと摂りましょう。

高濃度のビタミンCが配合されている化粧水や美容液を使うのも良いですし
もちろん、トマト等を食べて内側からの吸収もした方が良いです。

ビタミンCは日光に弱いので、
いくら摂っても足りないくらいですので、
マルチビタミンなどのサプリを一緒に飲むのも良いでしょう。

この3つのポイントを気を付けていると
ニキビの出来にくいお肌を作ることが出来るといえるでしょう。

Comments are Disabled