クレンジング剤はどれが悪いとかはありません

クレンジングですがまずは綺麗に手を洗いましょう。
ご飯の前に手を洗うように、クレンジングや洗顔をする前に手を洗うことが大事です。

これは、手についている雑菌が顔につかないようにする為と、
手の油分や汚れがついたままだと、石鹸の泡立ちがわるくなってしまうからです。

手を綺麗に洗ったら、髪の毛が顔にかからないようにヘアバンドなどで留めましょう。
髪の毛をそのままで洗顔を行うと、生え際が十分洗われてなかったり、洗い残しが出てしまい
にきびの原因につながってしまいます。

それではクレンジングを始めましょう。

まず、メイクをしている場合はクレンジングからですが、
目元のメイクは先に落としておく必要があります。
目元専用のメイク落としですがふき取りタイプがおすすめです。

コットンに、適量(コットンが十分湿るくらい)メイク落としを浸して
そっと目元に当てます。力を入れずにふき取って下さい。
この時に力を入れてしまうと色素沈着が起きてしまいますので気をつけましょう。
少しくらいメイクが残っていてもこの後落としますので大丈夫です。

余裕がある方は、目元にコットンを当てて麺棒でマスカラを落として下さい。
この方が肌には負担がかかりません。
しかし結構面倒だと思いますので、私はコットンだけで落としています。

では全体のメイクを落としますが、クレンジングは色々あります。
肌の状態に合わせてクレンジングを選びましょう。

オイル系クレンジングが肌に悪いと言われるのは
すっきりと落とすことが出来る物の為、高い洗浄効果があるものが多いからです。
その為、必要な油分まで奪ってしまう可能性もあります。
しかし、しっかりとしたメイクをしている時や、手軽に落とすことが出来るのは
オイル系クレンジングが一番です。
肌が乾燥しているときは控えたほうが良いですが、たまに使って毛穴の汚れを
とかして落とすイメージで使うのも手です。

クリーム系クレンジングはお肌に優しいものが多いです。
洗浄効果としてはオイルよりは落ちますが、
優しくクリームをメイクになじませて落とすものになりますので
余計な油分を取りすぎることもなくメイクを落とすことができます。
クレンジング自体が濃厚ですので、ダブル洗顔をオススメします。

ミルク系クレンジングは、クリーム系クレンジングに近いイメージがあります。
クリームよりはさらっとしていて乳液でメイクを落とすイメージです。
肌に優しい成分が入っているものが多い事と、
敏感肌の方に優しい商品が多くあります。

主にこの3つに分かれると思いますが、
どれを使うかはご自身の肌の状態に合わせて下さい。
オイルが油分を取りすぎてしまって、お肌が過剰に皮脂をだしてしまってもよくありません。
しかし、きちんとクレンジングを行わないとその後の洗顔、化粧水等が意味がなくなってしまいます。
クリーム系やミルク系で落とす際は、取りきれないメイクもあるかと思いますので
しっかりと洗い残しがないか確認することが必要になります。

どのクレンジング方法にも良い所悪い所はありますので、
毎日同じ物を使うよりはその日の肌に合った物を何品か用意して選ぶといいでしょう。

Comments are Disabled