アスタキサンチンは海から摂れる宝物?

きれいな素肌の維持に最適な成分として脚光を浴びているのがアスタキサンチンです。

アスタキサンチンというのは、エビや鮭などの赤色をした魚介類に含まれる天然色素です。
ベータカロテンと同じカロテノイドの仲間で、
ベータカロテンが緑黄色野菜に多く含まれているのに対して、
アスタキサンチンは海産物に多く含まれています。

もともとはヘトマコッカスという藻の中にアスタキサンチンは豊富に含まれています。
その藻をプランクトンが食べて、さらにそのプランクトンを魚介類が食べるといった食物連鎖を経て、
アスタキサンチンは魚介類の体内に蓄積されていきます。

ちなみに日本人はアスタキサンチンを含む食べ物を昔から良く食べてきました。
たとえばサケやイクラ、タイ、カニ、エビなどです。
ある意味、日本人を支えてきたのはアスタキンチンと言えるかもしれません。

なぜお肌にいいのか

アスタキサンチンはなぜ肌にいいのでしょうか。

それは、アスタキサンチンには優れた抗酸化パワーがあるからです。
(食品由来の成分の中では、ダントツの抗酸化成分らしいです)

活性酸素がエイジングケアの要であることを踏まえれば、
アスタキンサンチンをしっかり摂ることが大切なのは間違いないでしょう。

そんなアスタキサンチンですが、現在はサプリメントの形でも摂ることができます。
ひと昔前はかなり高価なサプリメントだったのですが、
今はそこそこの値段に落ち着いているようです。

アスタキサンチンのサプリメントの価格や種類については、下記のサイトに詳しく書かれています。

>> http://アスタキサンチンサプリの効果.net

個人的には、日々の食生活に気をつけるのが一番だと思っていますが、
それを補強するものとしてサプリメントを使うのは良い手段と言えるかもしれません。

ちなみに上記のサイトによれば、

抗酸化サプリといえばコエンザイムQ10やビタミンEなどが有名ですが、
アスタキサンチンはコエンザイムQ10の800倍、ビタミンEの1000倍の
抗酸化力があるとされています。

とのことですから、アスタキサンチンはかなりの抗酸化パワーを持っているようです。

内側からのケアをしていきましょう

同じくらいの年齢なのに、なぜあの人は若々しい肌をしているの?
そんなことを思った経験がある人は多いと思います。

肌年齢と実年齢って違うんですよね。
メイクをいくらがんばっても、素肌の状態が悪ければ、年齢以上に老けて見えてしまいます。

ハリとうるおいにあふれた素肌、シミやくすみの少ない若々しい肌。
こうした肌を維持するには、高価な化粧品を使うよりも体の内側のケアが重要になります。

私たちの体は、私たちが毎日口にするものによって作られています。
アスタキサンチンに限った話ではないですが、
お肌に良いと言われている栄養素をしっかり摂っていくようにすると、
年齢に負けないエイジングケアにつながるのではないでしょうか。

アスタキサンチン以外の成分は?

アスタキサンチン以外にも、海の生物由来の有効成分に注目が集まっています。
たとえばスクワレンやDHA・EPA、コンドイチン、グルコサミンなどです。

どれくらい役立つかは使ってみないと何とも言えないと思いますが、
興味のある方はいろいろ探してみるといいかもしれませんね。

Comments are Disabled