茶・黒・青、目の下のクマの正体!【原因編】

目の下のクマは、顔色が悪く見えたり、老けて見えたりする原因になります。
普段は、コンシーラーやファンデーションを駆使して、吹き出物とともに隠してしまうので、今までほとんど気にしていなかった「クマ」。

最近、仕事を退職してからはあまり化粧せずに、すっぴんで外に出ることが多くなって、少し気になり始めました。

いままで気にしてなかったので、知識がない!けど、素肌美人(笑)になりたい!
ということで、ちょっと「クマ」についてお勉強してみようと思います。

まず手始めに、「クマ」の種類とそれができる原因について。
主な種類は3種類。「茶グマ」「青グマ」「黒グマ」です。

◆茶グマ
茶グマはさらに2種類に分かれるようです。
「表皮にできるもの」と「真皮まで達したもの」です。

【表皮型】
色素沈着などが原因。目を擦りすぎてしまったり、紫外線によるダメージによって、表皮に色素沈着が起こりやすくなります。
また、マスカラが残っていたりして色素沈着することもあるようです。

【真皮型】
原因は遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)だそうです。
これはあざの一種で、メラニンが皮膚の奥に沈着しておこるようです。
これは、クマだけではなく、そばかすやシミとも認識されることもあります。

◆青グマ
目の周りは、他の部分にくらべて皮膚がとても薄いそうです。
そのため、目の周りの毛細血管が滞り、それが透けて見えるのが青グマの正体です。

毛細血管が滞る原因は、パソコン作業、ホルモンバランスの乱れ、冷え、ストレス、睡眠不足、タバコ、目の疲れ…など実に様々です。

◆黒グマ
黒グマは、皮膚のたるみやへこみなどによって、皮膚に影ができることによって現れます。
原因は、生まれつき目の下の皮膚がもともと薄いこと、あるいは年をとるとともに目の周囲の脂肪が縮む・たるむことが原因となるようです。
この黒グマの場合は、たるみやへこみが原因のため、茶グマや青グマのようにコンシーラーで隠すことは難しくなります。

どうでしょうか。
自分の「クマ」が何グマかわかりましたか?
クマの3種類についてお話ししましたが、原因やクマの様子を見てみると、私は「茶グマ」と「青グマ」の両方が当てはまるようです。
私のように、「混合型」のクマを持つ人もいるようです。

自分のクマのタイプを知ったら、今度はタイプ別に対処法を試してみましょう。
素肌美人はもうすぐですよ!

Comments are Disabled